プロフィール

まぁ〜

名前:まぁ〜
FC東京応援家
人生の約3分の1、FC東京を応援しています。そのうち2分の1、3分の2と増えていくことでしょう

管理人へメールはこちらへ
Google Chrome 17.0.963.79 m で動作確認をしています

カウンター
当ブログへのリンクについて

リンクはご自由にどうぞ。
下記バナーもお使いください


姉妹サイトもよろしく
Mar's Photo House

最近書いた文章
なんとなく分けてあります
文章の倉庫

大宮戦

2010/09/27(Mon) 10:42
残念ながら、大熊東京の緒戦は大宮相手に負けスタートとなりました。
監督を変えたからって、そう簡単にガラっと変わるもんじゃないですよって神様がつぶやいたのかな。

サッカーの内容は大きく変わったと思う。
クマさんらしい縦に早いサッカーと言う意識が非常に強く感じられた。
そういう意味での平山起用、両サイドに早い選手の起用だっただろうし、少なくともスタミナ切れする後半途中までは、攻撃にも迫力があり、可能性を感じさせてくれた。
ビックリするくらいのガス欠っぷりを見せてしまった東京、次戦以降はそのへんの速攻と遅攻のバランスが課題かなって感じ。

分析すればそんな感じだけど、そんな余裕は無いのが今の東京か。
大宮に負けた今となっては、湘南、仙台となんとしても連勝するしかない!

内容が…とか、そもそもフロントが…とか、ネガティブな意見を言えばきりが無い。
でも、そんなことを言ってる場合じゃないんだよ、無理やりにでもポジティブに考えて、チームをサポートする意外にやること無いんじゃないの!?って言いたい。
ネガティブなことは、全ての結果が出てからにしましょう。

しかし、ビックリするくらい城福さんの色が消え失せて、大熊カラーが色濃くなっていてのには驚いたな。
監督変わって1週間で、ここまで変わるもんなんだなと…寂しい気もするが、今はしょうがないし、逆に言えばクマさんの指導力ががすごいのかなとも思うし…いかんいかん、ポジティブにいきましょう!

明日はスタジアムを青赤に染めよう

2010/09/24(Fri) 12:00
成績は悪く監督交代。
怪我人続出の中、今度は梶山まで怪我。
でも、そんなときだからこそ明るく、力強く。

右につぶやきがあるように、僕はTwitterをやってるんですが、東京ゴール裏さんのつぶやきで、多くの東京サポーターに向けた呼びかけがあったので、1人でも協力してくれる人が増えるように願いを込めて、それをこのブログでも紹介しておきたいと思います。

----------
@tokyo_goalura 【RT希望】大宮戦、風船やります。G裏全部は数の問題もあり難しいですが真ん中から出来る限り広げたい為、試合開始1時間前までに寄付して頂けると大変助かります。ご協力お願いします。風船の無い所は旗を配りカバーする予定。試合前からやりますよ!
----------

風船だけじゃなく、東京ゴール裏ではとかく避けがちになるユニフォームを着ていく、あるいはユニフォームじゃなくとも、青赤な服装で行くなど、スタジアムを青赤に染めることで、選手の後押しになれば!

とにかくここまで落ちたんだから、開き直って1試合1試合一生懸命、必死に戦って残留と言う課題をクリアするために頑張るのみ。
まずは青赤パワーで大宮に勝ちましょう!

城福監督解任&大熊監督就任に思う

2010/09/21(Tue) 10:38
城福監督の掲げる理想のサッカー、それは本当に魅力的で、就任以来、一歩一歩成長していると実感していただけに、まさかの躓き、そして解任と言う事態は、本当に残念でならない。
ぜひ、心身ともにリフレッシュして、いつの日かやり残した仕事の実現のために東京に帰ってきてくれればと願っています。

ただ、現時点での解任については、正直やむを得ないかなと言う思いが強い。
結果が出ていなかったことに加え、内容も徐々に悪化と言うのは当然の理由として…
何より監督自身の会見でのコメントが実に歯切れ悪く、悩み苦しみ、迷走していると感じられるものだったし、外見も日に日にやつれ、つらそうに見えた。
これ以上城福監督で行くと、どこかで城福監督が壊れてしまう…そんな思いすらあったので、監督の心身を思うと、解任にホッとしたところもあるのは否めない。

現実的に降格争いに巻き込まれてしまった東京。
そして、怪我人も続出し、ベストメンバーも組めない状態。
この状態で監督に就任した大熊監督。

今引き受けることは、本当に苦難の道のりなのは間違いなく、そんな中でも東京の監督と言う職を引き受けてくれる人材。
東京としてもこの事態で信頼して任せられる人材と言う意味で言えば、クマさんか、以前も緊急登板の経験がある倉又さんしかいなかったかなと思うので、人選に違和感は無い。
クマさんに全てを託し、僕らも東京の勝利を信じて応援するだけだと思う。

社長の来年も大熊監督で行くのはほぼ決まっているってのには、まだ何も見ていない現在では、若干の違和感を覚えるが…

理想を追求する城福監督に対し、相手を研究し尽くし、現実主義を貫く大熊監督。
恐らく城福監督以上に激しく戦える選手、90分間走りきれる選手を求めるだろう。

個人的には、東京を見始めた時の監督がクマさんだった。
そのころの東京は、技術で劣る部分を必死なハードワークで補い、強者を打ちのめす、今の東京とは違うサッカーだけど、惹きつけられるサッカーをしていた。
ただ、よっし〜's weblogのよっし〜さんがおっしゃっているように、僕も01年の大熊東京には、正直限界を感じていたし、さらに上に行くためには新たな監督、新たな選手、あらゆる意味で一皮向けなければ先は無いと感じていたのは事実ではある。

クマさんのサッカーが、相手をしっかり研究する、鋭いカウンター、ハードワークを柱とすることには、きっと今も変わりは無いと思う。
ただ、あのときから育成年代の代表監督、そしてフル代表コーチとして積み上げた経験。
そして、あのころとは比べ物にならないくらい技術のある選手を持ち駒にしたクマさんが、あのころのクマさん自身から、どれほど上積みをしたサッカーを見せることができるのか。
そのことに大きな興味を持っている。

でも、とりあえずはフル代表で岡田監督が見せたような、超現実主義、妥協主義を貫いてでも、降格圏内からの脱出を図ることが一番か…
シーズン終盤に、ある程度の余裕をつくり、そこで進化したクマさんのサッカーを見せてくれることを期待したい。
お気に入りリンク集

かさいみきオフィシャルサイト FC東京へ トーチュウ

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ     さっかりん

     JBA euro-sports
まぁ〜のつぶやき

RSSリンク


非RSS リンク
秘密基地