プロフィール

まぁ〜

名前:まぁ〜
FC東京応援家
人生の約3分の1、FC東京を応援しています。そのうち2分の1、3分の2と増えていくことでしょう

管理人へメールはこちらへ
Google Chrome 17.0.963.79 m で動作確認をしています

カウンター
当ブログへのリンクについて

リンクはご自由にどうぞ。
下記バナーもお使いください


姉妹サイトもよろしく
Mar's Photo House

最近書いた文章
なんとなく分けてあります
文章の倉庫

ロングボールとブルーノと今ちゃん+米ちゃん

2009/05/29(Fri) 10:48
昨日の終わりに書いた、もうひとつのコラムの話。

NUMBERの「Jリーグ観察記 美しくも脆いパスサッカー。〜サンフレッチェ広島と岡田ジャパン〜
http://number.bunshun.jp/jleague/column/view/3834/

これが非常に面白いコラムだったと思う。
ちょっと要約すると・・・

広島のサッカーは、パスとフリーランニングでスペースを作り、そこに第3のプレーヤーがスペースを使う、パスサッカーである。
それだけに、人数をかけられてスペースを消されると、途端に攻撃の切れ味が悪くなってしまう。
ロングボールを使って打開すべきではなかったか?
うまくいけば千葉のDFラインが下がり、守備が間延びし、本来のパスサッカーを展開しやすくなったはずだ。
日本代表もそうだが、“ロングボールへの嫌悪感”ロングボールを「下手な選手のやること」、「格好悪い」と思ってはいないだろうか?
ロングボールを使えるようになれば、日本のパスサッカーはもっと怖くなるはずである。

との内容である。

これを読んで、まさに東京にも当てはまるなぁと感じた。
東京が目指すのも広島に近いサッカーである。
結果として広島と同様の問題が発生していたと思う。

その問題を打開できる可能性を、俺はブルーノと今ちゃんに大きく感じているのだ。
東京のDFは、正直前線へのフィード力に欠けると思う。
佐原は努力はしているが、精度が高いとは言えない。
モニに至っては、パスの大半が横パス。

ここ最近、スタメンを確保しているブルーノは、時折前線の平山や、裏を狙うナオや羽生に向けたロングフィードを出す場面がある。
これが非常に有効に機能していると感じていた。
さらに言えば、時折気まぐれに闘莉王の用なオーバーラップを見せるのも、有効に働いていると感じている。
(オーバーラップに関しては、米本のカバーリングの的確さを忘れてはいけない)
今ちゃんもブルーノ同様、当然展開力と洞察力には優れている。

ちなみにブルーノはDFとして、スピードが遅かったり、判断を微妙に誤ったり、結構穴はある。
そこを今ちゃんと米本が的確にカバーしている。
実はボランチ米本、CBの相棒に今ちゃんと言うのは、ブルーノCB起用のキーポイントだと思っている。

今の東京の好調を取り戻した要因は、ブルーノ&今ちゃんのDFラインの安定、それ以上に攻撃時のCBからのオプションが増えたことにあると思うのだ。
その俺の考えを裏付けさせてくれたコラムだった。

(一応書いておくが、佐原とモニを完全に否定しているわけではない。あくまで現時点のベターは、ブルーノ&今ちゃんだと思うと言う話)
お気に入りリンク集

かさいみきオフィシャルサイト FC東京へ トーチュウ

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ     さっかりん

     JBA euro-sports
Comment投稿
←管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://gasometro.dtiblog.com/tb.php/169-e181aba3

まぁ〜のつぶやき

RSSリンク


非RSS リンク
秘密基地