プロフィール

まぁ〜

名前:まぁ〜
FC東京応援家
人生の約3分の1、FC東京を応援しています。そのうち2分の1、3分の2と増えていくことでしょう

管理人へメールはこちらへ
Google Chrome 17.0.963.79 m で動作確認をしています

カウンター
当ブログへのリンクについて

リンクはご自由にどうぞ。
下記バナーもお使いください


姉妹サイトもよろしく
Mar's Photo House

最近書いた文章
なんとなく分けてあります
文章の倉庫

藤山、浅利、ありがとう

2009/11/30(Mon) 11:31
ホーム最終の神戸戦、無事に勝利して藤山、浅利の2人に勝利を捧げることが出来た。
欲を言えば藤山だけではなく、浅利にも出場の機会があれば良かったのだが・・・いま最終節を迎えて5位、4位の広島と勝ち点差1と言う状況を考えれば、あの場面で浅利と言う選択肢を選びたくても選べなかった城福監督の判断は間違いじゃなかったと言えるのかな。
ただ、本当に間違いじゃなかったと言うためには、最終新潟戦、ここをしっかり勝ちきること、それに尽きるね。
勝っても広島に追いつけなかったら、それはそれでしょうがない、東京は勝つだけだ。

しかし新潟にこそ、ある程度楽勝ムードを作って、浅利への最後のプレゼントを贈れるように、これまで同様に出場する選手は頑張って欲しい。

平松には感動させられた。
ゴールを決めたから言うわけじゃなく、この日の平松は、1年間の成長を見せ付けるかのように素晴らしい出来だった。
藤山ほど派手にではないが、何本も相手FWへの楔のパスをインターセプトしていたし、対人プレー、カバーリングもまったく問題無し、攻撃の基点としてのプレーは、ブルーノほどではないことは否めないが、それでも無難にこなしていた。
来シーズン、正直佐原は残るかわからないが、ブルーノ、今野、茂庭、加入が確定している平出、高橋の2人に加え、加入確実と噂される韓国人DFの金、さらには森重獲得の動きを見せるなど、CBの定位置争いは熾烈を極めそうだ。

平松の今シーズン当初の躓きを自らの責任と背負った重荷。
藤山の子供と手をつないで入場したかったと言う想い。

全ての選手は何かを背負い、何かを目指し、何かを求めて戦っているんだなぁと改めてと言うか、しみじみと思ってしまった。
ついつい不甲斐ないプレーをしている選手に怒鳴りたくなってもしまうものだが、そういった選手も何かを持って戦っているんだと思いたいし、戦っているんだと思う。
なんていうか、サッカー選手の背負っているものを見て、人間誰しも背負っているものがあるんだろうなぁと、変な感慨に浸らされるホーム最終戦だった。

最後になってしまったけれど・・・
藤山、浅利の2人には、感謝の気持ちでいっぱいです。
俺が東京の存在を知り、ファンクラブに入った99年、その時からピッチで戦っていた最後の選手である2人。
自分の中でも一つの時代が終わったと感じずにはいられません。
そして、これにより02年加入で最も古株となった茂庭と石川。
彼ら2人にも、新たな時代を築き上げていってくれることを期待しています。

↓好評販売中↓
東京グッズ販売中
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
ぜひワンクリック♪
管理人へのご意見、ご感想はここから
お気に入りリンク集

かさいみきオフィシャルサイト FC東京へ トーチュウ

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ     さっかりん

     JBA euro-sports
TrackBack URL

http://gasometro.dtiblog.com/tb.php/300-d9588668

まぁ〜のつぶやき

RSSリンク


非RSS リンク
秘密基地