プロフィール

まぁ〜

名前:まぁ〜
FC東京応援家
人生の約3分の1、FC東京を応援しています。そのうち2分の1、3分の2と増えていくことでしょう

管理人へメールはこちらへ
Google Chrome 17.0.963.79 m で動作確認をしています

カウンター
当ブログへのリンクについて

リンクはご自由にどうぞ。
下記バナーもお使いください


姉妹サイトもよろしく
Mar's Photo House

最近書いた文章
なんとなく分けてあります
文章の倉庫

湘南戦

2011/05/23(Mon) 17:46
1-1のドロー。
素直な感想として、今年の東京の試合の中じゃ、一番良い試合だったと思う。
あくまで”今年の”だが。

前半、特に先制点奪取からその先しばらくの間は、ボールも動き、人も流動的、まさにムービングしてた。
草民や羽生など、どちらかといえば冷遇されていた選手も活躍し、前節までの閉塞感漂うサッカーではなかったことは好印象だった。
まぁでも、追加点が奪えないで結果ドローとか、昨年も嫌ってほど見せられたわけで、あくまで昨年からの進化じゃなくて、昨年レベルへの原状回復に、一歩近づいたに過ぎないと、僕は思っているのだけど。
何しろ(メンツも何もかも違うというのは当然だが…)、去年はJ1であっさり一蹴した湘南相手に、それなりな感じのドローだしね…まだまだ昨年レベルは遠い。

当然目指すところはそんなレベルじゃないわけで、これで満足するわけにはいかないのは言うまでもない。
しかし、”前節までよりは”…って感じかな。
何しろここまでの東京に、嫌ってほど酷い試合を見ることになってしまったので、1試合良かったからって。多少ホッとはするが、まだまだ油断禁物って思いのほうが強い。

それと、どちらかと言うと、以下が本題なのだが、昨日の試合が、熊さんにとって一番望んでいる形なのか!?ってのが気になる。

平山、高松というCFがいなくなった事により、苦肉の策として用いられた今回の東京のサッカー。
それが皮肉にもそこそこうまくいって、城福前監督によって東京サポーターに植えつけられた、麻薬のようなムービングフットボールを、わずかばかり感じることができた。
そこが、昨日の試合後、わずかばかりの拍手が生まれた要因だと思っている。

けれど、熊さんにとって、それが自分が本来目指すべきサッカーじゃなかったとしたら…昨日の試合はあくまで付け焼刃だとしたら…

もし、目の前に健康な背の高いCFが現れたとき、熊さんは、いったいどんなサッカーを志向するのか…前節までのようなサッカーに逆戻りするのだろうか!?
もしそうなった場合、それを選手はどう受け入れるのか!?
そしてそのサッカーでJ1に胸を張って戻り、強い東京になることができるのか!?

そういうなんとも言えない不安感は、僕の中に漠然と存在するんだよなぁ。

以下は余談だが…
1トップタイプの選手がいないような状況でも、(あいまいな記憶だが)阿部やユータとかを1トップにしたりして、自分たちの戦い方を貫いた原さんのほうが、良いか悪いかは別にして、信念は感じられるかな。
引き出しが多いほうが良いと言う考え方もあるとは思うけど…それはあくまで、ひとつの決まった方向を向いた上での、脇道としての引き出しであるべきだと思っている。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
お気に入りリンク集

かさいみきオフィシャルサイト FC東京へ トーチュウ

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ     さっかりん

     JBA euro-sports
Comment投稿
←管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://gasometro.dtiblog.com/tb.php/424-0fa59bcb

まぁ〜のつぶやき

RSSリンク


非RSS リンク
秘密基地