プロフィール

まぁ〜

名前:まぁ〜
FC東京応援家
人生の約3分の1、FC東京を応援しています。そのうち2分の1、3分の2と増えていくことでしょう

管理人へメールはこちらへ
Google Chrome 17.0.963.79 m で動作確認をしています

カウンター
当ブログへのリンクについて

リンクはご自由にどうぞ。
下記バナーもお使いください


姉妹サイトもよろしく
Mar's Photo House

最近書いた文章
なんとなく分けてあります
文章の倉庫

フットボール=夫婦

2008/05/30(Fri) 11:55
最近、自分の中でも明らかに東京に接するスタンスが変わってきている気がするのだ。
見た目が、自分が過去に、いわゆる「ヌルイ」と評していた人に近づいてるような・・・

もちろん本当にぬるくなった訳ではないし、むしろ東京と過ごす年を重ねるにつれ、東京への愛は深まっていると自覚しているのだ。
思えば97年の天皇杯準決勝で東京ガスに初めて接し(あの時、確か先着で配られた東京ガスフラッグ、もらえなかったのが残念だったと言う記憶があるなぁ)、99からファンクラブ、気が付けばSOCIOになって、スタジアムに通うのがごく当たり前の日常になっている自分がいる。
00年や01年、02年・・・まぁまとめて言えば最初のころは、それこそスタジアムに向かうのがワクワクしたし、ナイトゲームに早朝から並ぶのも何ら苦でも無かった(まぁ苦でも無いってわけでも無いけど、若かったしね、笑)
いつもゴール裏の中心の方をダッシュで確保して、タスキを持って、(初期の味スタでは、それほど厳しく規制されていなかった)椅子の上に乗っかって応援するのが実に楽しかった。

今の自分はどうかと言うと、開門間際に行くことが多く、早朝から並んで無いし、席も完全な中心部からは多少離れている。
昔のように一心不乱に応援しているだけと言う感じでもなく、どこか応援しながらも何か東京の戦いをじっくりと見守っているような感情がある。
まぁ言葉では非常に表現しにくいのだけど。
熱い心を失ったわけじゃないし、さっきも書いたように、むしろ東京への忠誠心は高まっているのだが、昔のような必死さは無いし、正直出せない。
なんだろ?年をとったってことなのかな?

なんて考えていたら、東京との生活って夫婦生活みたいなものなんだなって発想が浮かんで、そう考えると妙に納得できた。
97年に出会い、99年に結婚、熱い夫婦生活を送るも、最近では昔のような端から見てもわかるような、単純なアツアツ関係では無くなってしまった。
だけど、円熟期を迎えて、内面での愛情は年々高まり、初期の頃の比じゃないほど、お互いの愛情は深まっている。
こんな感じかな?

東京ってば、俺に夫婦生活の何たるかまで、俺に教授してくれていたのですね!
東京!ありがとう!(笑)

そう考えると、昔の俺と東京との関係も、今の俺と東京との関係も、悪いもんじゃねーなって思う。
昔の中心部で楽しんでた経験があるからこそ、今の自分も楽しめているのかなぁ・・・なんてね。
もちろん愛の深め方は人それぞれだと思うけど、俺の場合は、多分最初から今のような観戦方法だったら、ここまで東京への愛は深まらなかったと思う。


まだまだいろいろ思うところはあるんだけど、今日はこの辺で・・・また発作が起きた時にでも書くことにします。
お気に入りリンク集

かさいみきオフィシャルサイト FC東京へ トーチュウ

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ     さっかりん

     JBA euro-sports
Comment投稿
←管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://gasometro.dtiblog.com/tb.php/51-e6d59a6b

まぁ〜のつぶやき

RSSリンク


非RSS リンク
秘密基地