プロフィール

まぁ〜

名前:まぁ〜
FC東京応援家
人生の約3分の1、FC東京を応援しています。そのうち2分の1、3分の2と増えていくことでしょう

管理人へメールはこちらへ
Google Chrome 17.0.963.79 m で動作確認をしています

カウンター
当ブログへのリンクについて

リンクはご自由にどうぞ。
下記バナーもお使いください


姉妹サイトもよろしく
Mar's Photo House

最近書いた文章
なんとなく分けてあります
文章の倉庫

佐藤由紀彦

2009/05/28(Thu) 09:42
SportivaのWeb限定コラムで、佐藤由紀彦についてのコラムがある
http://sportiva.shueisha.co.jp/dropout/index.html

これは「俺たちのユキヒコ」だからとか抜きにして、1人のサッカー選手の生き様として、学生時代から現在までについて書かれています。
素晴らしいコラムに仕上がっているので、ぜひ見ていただきたくて紹介しました。

今は長崎でCBとして頑張っているユキヒコだけど、実は昨シーズンのオフに、ユキヒコ自ら村林社長にFC東京への入団を直訴したって話には驚いた。
でもそこは社長もプロフェッショナル、一時の感情に流されずに、冷静な判断を下したんだろうと思う。
戻ってきてたら、俺的には最高だったけどね。

でも、ユキヒコ以上のクロスを上げる選手を、少なくとも東京ではまだ見たことは無い。
日本人全部で見ても、あれだけの精度を持つ選手は早々いないだろう。
長澤徹さんをして「由紀彦がクロスに何を見出したのかは分かりませんが、常人では考えられないような本数を蹴っていたはずです」と言うだけの鍛錬をした結果だろう。

山形から東京、そしてマリノス、柏、仙台と経て、ドンドン男らしい男に成長して、今じゃ本当にカッコいい選手になったなぁと思う。
もちろん東京時代からカッコよかったけど、年を重ねた分、大人のカッコよさと子供のカッコよさが入り混じった感じになったような。

最後に、このコラムの中での、お気に入りのフレーズを。

「体がぼろぼろになるまで、ボールを追えなくなるまで、オレはサッカーをやりますよ。
せっかくサッカー選手をやれたのに、中途半端で終わったら罰が当たる。
だから現役にこだわっているんです」

「今さらだけど、自分は貴公子なんて柄じゃないっすよ。
どちらかと言えば、昭和の匂いがする暑苦しい男。
サッカーのことならしらふで朝まで語れちゃうんだから」

もう1つ気になるコラムを見たんだけど、そちらの感想はまた明日にでも

下田、水戸へ

2009/05/27(Wed) 15:39
日本代表の試合には興味は無い・・・と書いてみても、結局見てしまうわけだが。

日本人として応援はしているが、東京に対するほど熱い気持ちになれないのは事実。
事実、98年のフランスW杯までは、もの凄く熱く見られたのに、99年のFC東京誕生以降は、徐々に気持ちが冷めていったし。
まぁそれだけじゃなくて、代表の試合でスタジアムに来る人たちが、なんかお祭り騒ぎするだけの人たち中心になった気がして、居心地が悪くなったとか、考えれば色々理由はありそうですが・・・
ともかくまぁ、のんびりとTVで観戦したいと思います。

そして長友盲腸。
1シーズンで2人の所属選手に盲腸が発症って、どんだけ不運なんだ。
長友に関しては初期ということなので、投薬で済みそうなのが幸いだけど。

下田の水戸へのレンタルが発表された。
大型ボランチとして、大きな期待とともに入団した下田だが、正直城福監督の下、若手がドンドントップ出場していく流れに乗り遅れた感は否めない。
まぁ怪我の影響などもあったとは思うんだけど・・・
同じく乗り損なった感のある森村がいる水戸へ、大きく経験値を積み上げて戻ってきて欲しい。

乗り損なったと言えば、他にも小山とか吉本とか・・・
特に吉本!同郷、同じ小中学校出身として大いに応援しているからもっと頑張れ!

2階からの眺め

2009/05/26(Tue) 11:53
フィーゴ獲得の噂!?と言うゲンダイの飛ばし記事に苦笑しながら日記を書いています。
「元ブラジル代表MFリバウド、元チェコ代表MFネドベドなどビッグネームが大好き。」とか大きなお世話だし。
リバウドやネドベドの名前を出すくらいなら、実際に獲得したワンチョペの名前でも出せば良いのにね。

さて、それはともかく。
今年からG2(2階席で)観戦するようになり、ここまでの感想なんだけど・・・




正直・・・楽だ!
場所取りに無駄な苦労をしなくて良い、早朝から並ぶ必要が無いので、非常に気楽だ。
座って観戦なので、試合後も物凄く疲れるということが無い。
視点が高くなるので、サッカーと言うスポーツを観戦するには、非常に適している。
(上の写真は最上段から撮影したので、ピッチが遠く見えるけど、僕が観戦している前段の方は、1階席最後尾とそう大差は無い。)

こう書くと、ゴール裏で熱く戦わなきゃサポーターじゃない!とか怒る人もいるのかな?
まぁ俺も昔はそう考えたときも無くは無い。
前日からガムテを貼り、夜の試合でも朝から並んで、椅子の上に立って叫んで(←禁止以前の話ね)、そう言うことに充実感を得ていた。
別に東京をサポートする気持ちが少なくなったわけでも無いし、今でもそう言う行為は嫌いじゃない、アウェイや国立開催などではゴール裏ではしゃいでいるけどね。

前も書いたかもしれないが、要はそれが全てじゃ無くなったってことなんだよね。
G2で十分満足している自分がいるし、これが東京と長く付き合うコツなんじゃないかと思ったりもしています。

まっ、なんか中心部で戦っている人から見れば、結局ゴール裏で戦う気力が無くなったのを誤魔化している言い訳がましい文章だなって思われるのかな!?
多分、元ゴール裏中心部で、今はバックやメイン、2階席などで見ている方々には、共感いただけるのではないかと・・・

(東京との付き合い方については、いずれもう少し腰を据えて日記にしてみたいと、ここまで書いて思っています)

以下余談
毎回日記の最後に書いていた宣伝とブログランキングのクリックお願い、日記の上に移動させました。
気が向いたときにでもクリックしていただけたら幸いです。
お気に入りリンク集

かさいみきオフィシャルサイト FC東京へ トーチュウ

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ     さっかりん

     JBA euro-sports
まぁ〜のつぶやき

RSSリンク


非RSS リンク
秘密基地